お掃除ロボット徹底比較

お掃除ロボットの選び方

ルンバの大ヒットによりすっかり市民権を得たお掃除ロボットですが、その満足度は意見が別れています。その大きな理由はお掃除ロボットを購入する目的や買うべき対象を間違っているからだと思います。
不満を持っているいる人の意見は、吸引力が弱い、障害物が邪魔で掃除できない、バッテリーが持たないなどが挙げられます。これは買うべきお掃除ロボットを間違っているために起こる問題です。
一口にお掃除ロボットと言ってもタイプがそれぞれ違います。得意とする分野や苦手とする分野もあります。決して安い買い物ではないお掃除ロボットなので自分の環境に合ったタイプを購入する必要があります。

お掃除ロボットはこんな人におすすめ

お掃除ロボットは便利で皆さんにおすすめなのですが、中でも特におすすめしたいのが、一人暮らしの学生やサラリーマンやOLの方、共働きの方、お年寄りの方、体の不自由な方、忙しい方、そして私のように掃除が嫌いな方です。
お掃除ロボットは特に何をせずに部屋をきれいにしてくれるので上記の方々には特におすすめします。

掃除したい部屋の環境

家電量販店に行くと数多くのお掃除ロボットが並んでいるので、つい予算に見合ったタイプを選びがちですが、導入する目的をはっきりしておかなければ後悔することになりかねません。
例えば掃除する部屋数や部屋の広さ、障害物となるものがあるなどの床の状況、設置するスペース、犬や猫などのペットがいるかなどです。
お掃除ロボットは複数の部屋に対応しバッテリーの持ちも良いタイプもあれば一部屋に対応したタイプもあります。また、障害物に弱いものや、設置スペースを取るものもあります。あなたの目的に合ったタイプを選ぶことが重要です。
また、できる限り部屋の環境をお掃除ロボットが掃除しやすいようにするのも大事なことです。順序が逆のような気もしますが、お掃除ロボットが掃除しやすい部屋というのは人間も掃除しやすい部屋ということです。部屋をそういったレイアウトにすることがきれいな状態を保つコツだったりします。お掃除ロボットを購入した一番のメリットはお掃除ロボットのために部屋を片付けるようになったことだという冗談みたいな話もあります。

お掃除ロボットのデメリット

お掃除ロボットを導入するメリットはもちろん自動的に掃除をしてくれるという時間の節約ですが、場合によってはデメリットもあります。

  • 部屋の隅々まで掃除できるわけではない
  • 犬や猫などのペットがじゃれる
  • 大きい障害物は越えられない
  • お掃除ロボット自体の掃除が必要

などが挙げられます。これらの問題はお掃除ロボット自体の性能にもよりますが、多くはどれだけ進化しても付いて回る問題です。購入する前に自分の環境がお掃除ロボットに適しているのか考える必要があります。

お掃除ロボットを選ぶポイント

ではお掃除ロボットを選ぶ場合に考慮するべきポイントを紹介します。

  • 掃除する部屋の広さ
  • 吸引力
  • 障害物に対する対応力
  • スマホでの操作

最低でもこれらの項目については購入前に考えておくべきです。
最初の部屋の広さはバッテリーの持ちと考えてもらっても差し支えありません。お掃除ロボットにはバッテリーの少ないタイプも存在します。
次の吸引力はそのままきれいにそうじできるかに直結しますが、吸引力が強ければ短時間で掃除ができるとも言えます。
障害物への対応力はある程度の差こそあれ基本的には対応できません。あらかじめ床に物を置かないようにできるかです。
最近のモデルはスマホでの専用アプリで遠隔操作が可能タイプも多くあります。内臓のカメラから部屋の中が確認できるタイプもあります。当然ですが、多機能になるほど価格も上がります。まずは最低限必要な機能を絞り、そこからプラスαという考えになるでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする